良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

良い記事とは何か。

・内容が楽しいこと
・情報量があること
・学びになること

人によって定義はさまざまですし、記事の方向性にもよるので一概にはいえません。しかしながら、共通するポイントが「根っこ」にあるように思えます。

僕が複数のサイト運営で気をつけている6つのポイントをシェアします。

独りよがりにならない

良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

独りよがりの考察や自己中心的な説明は、読んでいて疲れるものです。リアルの場でも同じですよね。

他の記事でもたびたび触れていることで、記事やサイトの基本は「どれだけ読者目線で作れるか」にあります。いかに読者が使いやすいサイトか、読みやすい記事か、それを一番に考えることが大切なんです。

自分が読者の立場で訪れるサイトを考えると当り前のことなんですけど、いざ制作側に回るとなかなかこれが難しい。だからこそ、いつも注意しておく必要があります。

文章はとにかく読みやすく

良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

文章はなるべく短く、わかりやすく。これもWEBライティングの基本です。「小学校高学年程度が普通に読める文章」が良いとされていますね。

また、特にトレンドアフィリエイトはGoogleアドセンスで稼ぐことを主体とすることもあり、アドセンスポリシーの遵守を徹底する必要があります。

Googleが提唱することを噛み砕くと「家族で見て楽しめるコンテンツ」が推奨されていることは間違いないので、若年層への配慮も重要です。アニメやゲームなどの記事を扱うサイトなら尚さらですね。

ターゲットを限定したサイトであればこの限りではありませんが(このサイトもそちら寄りですね)、一般的にはそうした方が良いです。

バランスの良い構成にする

良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

記事を書き出す際に、プロット(流れや道筋)と共に、構成も決める必要があります。想定する文字数や情報量で、バランスを整えることが大切です。

例として、1,500文字の記事を考えてみます。

①序文(冒頭):200文字
②本文(見出しで分ける):1200文字
③まとめ(結び):100文字

ざっくりではありますが、このような構成にするとよいでしょう。冒頭はあくまで本文へのリードの役割なので、端的にポイントや結論など。詳しくは別記事で紹介しています。

メインコンテンツとなる本文は、見出しで分けて項目別にわかりやすく書いていきます。最後のまとめパートで上手く着地させられれば完璧です。

 

キーワードは適材適所

前項の図にもあるとおり、キーワードは記事全体で語る必要があります。記事タイトルに含めたキーワードが記事全体に散りばめられていることによって、SEO効果を上げ、上位表示させやすくします。

もちろん闇雲に散りばめればいいわけではありません。キーワードを使った文章が、あるべき場所にあることが大切です。

序文:「これについて書いています」という道標のイメージ
本文:見出しごとに使う。整理してわかりやすく
まとめ:使い方はあくまで着地させるために

この場合、まとめパートは必ずしも必要ではありませんが、わかりやすい構成としてはとても有効な方法です。

感想や実体験を入れる

良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

調べた情報の羅列や客観情報ばかりでは面白くありません。ぶっちゃけ、そういった情報ならwikipediaや専門サイトへ行ったほうが詳しい情報が手に入るはずです。

「あなたが書いていることが価値あること」です。そう考えた際、あなたの感想や実体験が何よりも高いオリジナリティとなります。

躊躇すること無くどんどんさらけ出していくことです。それが共感を呼び、ファンを増やします。コメントで非難されることも出てくると思いますが、気にする必要はありません。注目度が高まっている証拠です。

推敲は音読で

良い記事の書き方とは?SEO強化と読みやすくする6つのポイント

誤字脱字や「てにをは」は、公開前に修正し切っておきたいところです。僕もなかなか完璧な状態で公開は出来ていないので、何なんですけどね(汗)

もし家族やパートナーといった第三者に確認してもらえるのなら、ぜひ手伝ってもらいましょう。でもなかなか厳しいよね。そんな時は、音読することをおすすめします。

つぶやき程度の小声でも効果てきめんです。間違ったところやリズムが悪いところ、変なところがかなり見つけやすくなります。

また、時間を置いてから見直すことも有効です。書いたことがある程度頭から消えている翌日なんかだとフラットな視点で見ることができますし、数時間レベルの空きでも効果がありますよ。

まとめ

僕が考える良い記事の書き方のポイントを紹介してきました。いかがでしたか?

サイトを運営するようになって、けっこう序盤の頃から気をつけていた点ばかりなので、実践前後のデータの差がはっきりとは取れていません。

とはいえ、実践当初からトントン拍子でステップアップできていたということは、効果があることの証拠で間違いないだろうと思っています。

ぜひあなたのサイトで試してみてくださいね。

お名前
メールアドレス





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。