見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

095見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

記事内容に価値があることはもちろんのことですが、見やすい記事〜読みやすさを配慮することも非常に重要なポイントです。

いくら本文にどれだけの価値があろうと、読みにくい記事は途中で離脱される可能性が高く、最悪な場合は冒頭で×ボタンをクリックされることになります。

多くのWEB記事に共通していえるポイントの中から、特にトレンドアフィリエイトの記事で注意したいポイントに絞って説明します。

文字

見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき135のこと

記事のメインコンテンツとなる文章。「文字」に対しての設定は特に重要です。

①文字タイプ

文字は現在、ゴシックとメイリオが多く使われています。どちらかというと、やや丸みを帯びたメイリオタイプが読みやすいようです。お好みで設定するといいでしょう。

このサイトのテーマ・DigiPressCOLORSでは、専用フォントが設けられています。

②文字色

本文の文字色

本文の文字色は、少しグレーよりの黒が好ましいとされています。最近のテーマだとデフォルトで #333333〜#444444の色が設定されていることも多くありますが、まだまだ #000000「真っ黒」なテーマもあります。

背景色にもよりますが、白の場合だとコントラストがきつくなりすぎて、目が疲れやすくなります。

ちなみに、この本文の文字色は #444444です。

文字装飾

強調する場合の文字装飾が多くなり過ぎないようにしましょう。まれにものすごくたくさんの色を使ったカラフルな記事を目にしますが、目が散りやすく強調部分もわかりにくくなります。

・太文字
・赤文字
・マーカー

基本はこの3パターンくらいで十分です。多くても5種類くらいにしましょう。

③文字の大きさ

大きすぎず小さすぎず、14px〜17pxくらいに設定しましょう。この本文は16pxです。

また強調する大文字も極端に大きくし過ぎることなく、25pc〜30pxくらいが無難です。もっともサイトデザインや強調内容にもよりますので、全体的なバランスで整えるとよいですね。

大きさの種類も多くなりすぎると読みにくくなりますので、限定させて3種類くらいで十分です。

画像と動画

見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

画像や動画の配置も重要です。特に動画は情報量の多さや記事の滞在時間にも関わる重要なコンテンツなので、記事の流れに即した場所に配置しましょう。

④アイキャッチ

サムネイル画像とも呼ばれる、記事を象徴する画像です。記事一覧画面のアイキャッチが「No Image」だらけでは味気ないですよね。「アイキャッチ」の名前通り、記事を読みたくさせるような目を引く画像を設定しましょう。

自身の画像やフリー画像を加工するのも有効です。

⑤冒頭の配置

記事冒頭には必ず配置しましょう。

記事を開いてまず目に入る部分です。「ファーストビュー」ともいいます。そこに画像や動画があるだけで印象はまったく違います。記事を象徴するような、読み進めたくなるような画像があると効果的です。

レイアウト

見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

⑥見出し

本文はかならず見出しに分けて構成します。テーマによって若干設定は異なりますが、多くの場合<h1>はサイトタイトルで使用され、以下のような見出し設定がされています。

<h2> 大見出し
<h3> 中見出し
<h4> 少見出し
<h5> 最小見出し

上から順にフォントサイズやデザイン性を下げるのが一般的です。h2が一番大きく、h5は本文からやや大きい程度といった感じですね。

これらは本文と重要度を分けて認識するためのタグでもあります。そのためクローラーがサイト巡回の際に読み取るデータとしても、h2が最も重要度の高い部分と認識されるのです。

また、見出しは見栄えだけの違いではなく、SEO効果を上げるためにも非常に大切なポイントです。せっかくの機能を逆効果にしないよう、以下の3点は必ず守ってください。

1.順番を守る
2.キーワードを含める
3.キャッチーに作る

順に説明します。

1.順番を守る

数字の小さいもの(重要度の高いもの)から使用しなくてはいけません。複数を組み合わせる場合は、以下のように使います。

<h2> 大見出し
<h3> 中見出し
<h3> 中見出し
<h4> 少見出し
<h2> 大見出し
<h3> 中見出し

次のような使い方はSEO効果を下げますので、注意しましょう。

<h3> 中見出し
<h2> 大見出し
<h4> 少見出し
<h3> 中見出し
<h5> 大見出し
<h2> 中見出し

はじめに使う見出しタグが、その記事の中では最大の見出しタグになるよう調整します。

また、見栄え目的だけで見出しタグを使用するのは避けましょう。たまに単に文中の文字を大きくする目的のみで、見出しタグが使用されているケースを目にします。順番を誤る可能性もありますし、SEO効果を下げかねません。

そのような場合は、<strong></strong>太文字タグや、CSSでフォントサイズの変更を使用しましょう。

2.キーワードを含める

必ず記事に指定したキーワードを使って、見出しを作ります。そして、その見出し配下のパートでそのキーワードについての情報や解説が書いていきます。

そうすることによって記事の中に【タイトル+見出し+本文】のキーワードが、整頓された状態で格納される形になります。

これは人が読みやすい形式であると共に、クローラーも情報を集積しやすい、つまり高く評価するポイントなのです。

3.キャッチーに作る

見出しは文章で作るよりも、フレーズで作ったほうが効果的です。

・WordPressで読みやすい記事を書くために必要なものとは?
・良い記事に絶対必要なのはこれ!

後者のが圧倒的にキャッチーですよね。気になって読み進めたくなってくれる可能性が、前者より高いはずです。

読ませるよりも、「見せる=魅せる」短いフレーズを意識しましょう。

⑦改行

文章の適切な場所で改行し、見出し以外にも段落の構成を作ります。「文章の適切な場所」は、サイトデザインや投稿者の感覚でさまざまです。例えばこんなパターンの違いがあります。

僕は2〜4行をひとまとめにした段落を作って改行し、1行空けるスタイルにしています。ポピュラーなレイアウトですし、個人的にもこれがパソコンやスマホで開いた時に、違和感なく読めると思っています。
僕は2〜4行をひとまとめにした段落を作って改行し
1行空けるスタイルにしています。

ポピュラーなレイアウトですし
個人的にもこれがパソコンやスマホで開いた時に
違和感なく読めると思っています。

僕は前者ですが人それぞれなので、統一されていれば問題ないでしょう。

⑧余白

本文中の余白、画像や見出しからの余白なども大切です。余白がない構成はキュッと詰まった印象を受け、窮屈さを感じさせることがあります。逆に開きすぎるのも、冗長さが出るので注意です。

テーマの設定で出来る場合もありますし、phpファイルの編集が必要な場合もあります。それらが難しい場合は、単純に改行を複数入れるだけでもいいでしょう。

ビジュアルモードならそのまま反映出来ますし、テキストモードでも自動整形機能を無効にすることや、改行を<br>タグに置き換えることもできます。「改行+全角スペース」でも複数行空けることができます。

特殊装飾

見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

文字以外の装飾も、記事をみやすくするために重要なアイテムです。内容に見合った装飾を意識しましょう。

⑨引用

外部サイトからの引用(転載)は引用符(ダブルクォーテーション「””」)で装飾します。これはオリジナルコンテンツと、コピーコンテンツとを見分ける目的によるものです。

そして、有識者の意見や外部ソースを使った説得力の強化、客観的な根拠を持たせる効果が期待できます。

外部サイトからの引用(転載)は引用符(ダブルクォーテーション「””」)で装飾します。

 

⑩枠組み

上の見出しなどで使っているような、説明文章とわかりやすく区別するために使用します。

CSSの設定で色分けすることもできますので、記事内にメリハリを出しやすいです。無料テーマ・Simplicityでは、複数の枠装飾がデフォルトで用意されています。

 

⑪テーブル

価格表や分類表の場合、テーブルタグを利用した表の挿入も見やすさをアップさせます。

[table width=”100%” class=””] [tablerow title=”タイトル” align=”center” class=”” bgcolor=””] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] レモン
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] リンゴ
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] バナナ
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] オレンジ
[/tablecell] [/tablerow] [tablerow title=”個数” align=”center” class=”” bgcolor=””] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] 1
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] 5
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] 3
[/tablecell] [tablecell align=”center” class=”” bgcolor=””] 2
[/tablecell] [/tablerow] [/table]

⑫箇条書き

<li>リストタグを使って箇条書きを使います。

  • レモン
  • リンゴ
  • バナナ

  •  
    <ul>で点マーク<ol>で数字順が使い分けられます。CSSで装飾することもできますね。

    ⑬SNSの埋め込み

    見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

    SNSにはそれぞれURLとは別に、シェア・共有用に「埋め込みコード」が用意されています。たとえば記事内にツイートが貼られているのはよく見るケースではないでしょうか。

    intagramでも同様の方法で、記事内に表示させることができます。

    久々のログイン。 #jazzmaster #inoran #fender

    Ryoji Kimuraさん(@aya1821)が投稿した写真 –

    YouTubeも同じ要領で表示させられますし、動画なら最近はVimeoやVineもよく見ますね。

    ⑭リンクの開き方

    見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

    トレンドアフィリエイトでは、関連記事による内部SEO施策も重要です。記事中にリンクを貼り、読者を他の記事に誘導する方法ですが、別のタブで開くようにしましょう。

    【target=”_blank”】タグをURLに加える方法も、WordPressならリンクの挿入の際に該当箇所にチェックを入れるだけでOKです。

    見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

    記事を読んでいる最中にクリックしてそのタブが切り替わってしまうと、続きを読む際に戻らなくてはいけなくなり面倒です。別のタブで開いたとしても多少の手間がかかりますが、比較的に少なく済むはずです。

    ⑮目次

    見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

    記事の冒頭に目次を表示させておくことで、ユーザーは自分の興味がある項目にすぐジャンプすることができます。また、全体ボリュームを把握することにも一役買いますし、充実さの検討を付ける事も可能です。

    この記事の最初に目次がなかったとすると、はじめの印象はまったく違うものだったんじゃないでしょうか?最初に戻って項目を確認することも出来ますし、やはりあると便利です。

    また、目次を表示させることで滞在時間が上がったと紹介する記事は多く、僕もまたそれを実感した経験があります。

    プラグインで簡単に設置することができますので、ぜひ導入しておきましょう。

    まとめ

    以上、トレンドアフィリエイトで特に注意したい、記事を見やすくするポイントについて説明しました。

    より多くのアクセス、より多くのクリック、より多くの収益。もちろんそれは重要なことですが、何より大切なことは価値の高いコンテンツを作成することです。

    優先順位を間違うと失敗します。これは多くのことに共通することで、トレンドアフィリエイトにおいても全く同じです。

    見やすい記事のある素敵なサイトを作ってくださいね!

    お名前
    メールアドレス





    095見やすい記事〜トレンドアフィリエイトでやるべき15のこと

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT運営者情報

    北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。