iPhone画面の動画録画 – Macならアプリ不要でかんたんに!

YouTubeなどのWEB動画などで、iPhoneのアプリやゲームの紹介を見たことがありますよね。

それ用の録画アプリが必要だと思っていたのですが、実はiMacやMacbookとiPhoneを接続するだけでかんたんに動画として撮影が可能です。

その方法をご紹介します。

iPhoneの画面をMacで録画する方法:QTP&カムタジア

※上の動画【Googleアカウント(Gmail)の新規作成方法・メリットと取得する目的】でも解説しています。よかったらご覧ください。

iPhone画面を動画として録画する方法

画像と共に手順を説明します。

拍子抜けしてしまうほどかんたんです。

iPhoneとMacを接続する

iPhone画面の動画録画 - Macならアプリ不要でかんたんに

iPhoneとMacを接続します。通常のLightningケーブルでOKです。

QuickTime Playerを起動

iPhone,画面,動画,録画,Mac,アプリ不要

QuickTime Playerを起動します。

新規ムービー収録

メニューから新規ムービー収録を選択します。

録画ソースの選択

iPhone,画面,動画,録画,Mac,アプリ不要

Recボタンの隣の下向き矢印ボタンをクリックします。

接続したiPhoneが表示されているので、選択します。この時、必要に応じて録音マイクも選択するとよいでしょう。

録画の開始

iPhone,画面,動画,録画,Mac,アプリ不要

横長だった画面が縦長に変化し、iPhoneの画面が映し出されます。

あとは通常どおり、録画の開始が可能です。アプリの起動やタップ、スワイプなどのiPhone上での操作がリアルタイムにMac上にも映し出され、録画することができます。

撮影を終えたら停止ボタンをクリックし、いつものようにファイルに名前を付けて保存します。

mov形式のファイルで保存されるので、もちろん加工や編集もそのまま可能ですよ。

※登録したメルマガやLINE@の未読をきれいにしないと(笑)

思い込みは敵ですね

いかがでしょう? おなじapple製品ということで、iPhoneとMacは直接ケーブルで繋ぐだけでかんたんに録画が可能なんですね。

しかも付属のLightningケーブルで繋ぎ、プリインストールされているQuickTime Playerを起動するだけ。

もしかすると僕だけなのかもしれませんけど、冒頭に書いたように別途録画ツールが必要とばかり思い込んでいました。よくありませんね(笑)

アプリの紹介などに役立ててみてください。

お名前
メールアドレス





ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。