Evernote web clipperの使い方〜クリップして情報格納庫として便利に使おう

Evernote web clipperの使い方〜クリップして情報格納庫として便利に使おう

緑のぞうさんマーク(笑)でお馴染みのEvernote(エバーノート)。このアイコンは、かなり有名ですよね。ビジネスマン御用達のアプリにも関わらず、ネットビジネスマン(?)となると、意外にもけっこう使ってなかったりします。

Evernoteのブラウザ拡張期「web clipper」は、今すぐにでも導入していただきたいサービスです。その必要性を動画で説明していますので、お試しください。

動画解説

Aya
上の動画【エバーノート】Evernote Web clipper〜クリッパーの使い方でも解説しています。ぜひ一度ご覧ください。

Evernote web clipperの使い方

使い方は至って簡単です。対象となるブラウザ(Chrome、Safari、Internet Explorer 7 以降、Firefox、Opera)それぞれの機能拡張メニューからインストールするだけ。あとは、ブラウザの検索バーの隣あたりに表示される象マークから、すでにWEBページが保存できるようになっています。

保存する形態(記事やページ全体など)が選べたり、保存方法の変更なども可能ですが、デフォルトのまま使ってまず問題はありません。ある程度使ってみてから、自分の使用目的に応じたカスタマイズをしていくと良いでしょう。

とにかく気になったページや役に立った情報などを、どんどんクリップしていくことができます。

WEBページを保存する方法

Evernote web clipper,クリップ,情報,保存
「Evernote web clipper」をインストールすると、ブラウザの右上(URL欄横辺り)に象のアイコンが現れます。あとは残しておきたいページを表示した状態で、アイコンをクリックし保存をクリックするだけです。

保存する際に「記事」「簡易の記事」「ページ全体」など形式を選択できますので、用途に合わせて決めるとよいでしょう。大抵の場合は「記事」で問題ないはずです。

また、任意のタグを付けて整理をしたり、慣れてきたらオプションの設定といったことも試してみてください。

重要な情報は消滅する前に保存

Evernote web clipper,クリップ,情報,保存

こちらの画像が、僕のiMacにインストールしてあるEvernoteです。モザイクをかけると怪しさ満点ですが、著作権の兼ね合いで伏せているので、あまり気にしないでください。

「Evernote web clipper」に「Evernote」のアカウントでサインインすることで、保存したWEBページが「ノート」として追加されていくようになります。あとはご自身の思うまま整理をして、情報格納庫として使ってみてください。

公開されているWEBページは、未来永劫存在するものではありません。お気に入り登録、ブックマークをしていても大元のページが削除された場合は、もうそのページを見ることはできません。

本当に留めておきたいと思うページに出会った際は、「Evernote web clipper」で保存すると良いですね。

Aya
html保存やPDF保存と使い分けてもいいですね

お名前
メールアドレス





Evernote web clipperの使い方〜クリップして情報格納庫として便利に使おう

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。