WordPressタグは第二のカテゴリー!記事一覧で回遊率アップ

WordPress,タグ,カテゴリー

最近はSNSで利用されるハッシュタグ(#から始まる検索タグ)でも認知されている「タグ」

第二のカテゴリーとも呼べるタグは、サイト回遊率やサイト滞在時間、ひいてはユーザビリティの向上に一役買ってくれる大切なものです。

効果的な設定方法を身につけましょう。

タグとは?設定する目的

タグはカテゴリーとは別の方法で、記事のグループ分けをするために使います。例えば、以下の5つの記事があったとします。

『東京のおすすめグルメ』
『東京観光おすすめマップ』
『北海道のおすすめグルメ』
『北海道観光おすすめマップ』
『ハワイの観光名所とグルメ』

 
そして5つの記事は、地域カテゴリーで分けられています。

【東京】
『東京のおすすめグルメ』
『東京観光おすすめマップ』
【北海道】
『北海道のおすすめグルメ』
『北海道観光おすすめマップ』
【ハワイ】
『ハワイの観光名所とグルメ』

 
これらの5つの記事は、地域以外にも【グルメ】と【観光】でグループ化することもできますよね。それらでグループ化させる機能が、タグの設定です。

【グルメ】
『東京のおすすめグルメ』
『北海道のおすすめグルメ』
『ハワイの観光名所とグルメ』
【観光】
『東京観光おすすめマップ』
『北海道観光おすすめマップ』
『ハワイの観光名所とグルメ』

 
『ハワイの観光名所とグルメ』はタグが共通するので、両方設定することになります。

キーワード以外のグループ化によって、訪問者のニーズに細かく対応することができるようになります。タグを表示しておくことによって、別の記事も読んでもらえる可能性が高くなるということですね。

タグの設定と編集方法

WordPress,タグ,カテゴリー

管理画面の左側メニュー「投稿」からタグで設定画面に進みます。

カテゴリーと同じく、名前とスラッグの設定が必要です。

説明欄は、必要だと思う場合は入れておくといいでしょう。

編集もこちらの画面でできます。カテゴリーと同様、名前の変更は問題ありませんが、スラッグの変更はURLの変更を意味します。変更しないほうがいいですね。

新規タグを追加で保存します。

記事にタグを設定する

WordPress,タグ,カテゴリー

記事に設定するタグは、それぞれの記事編集画面から行います。

右上の表示オプションを開きます。

WordPress,タグ,カテゴリー
タグにチェックを入れます。

WordPress,タグ,カテゴリー

カテゴリー設定の下に、タグの設定項目が表示されます。

こちらから新しいタグを追加したり、すでに登録済みのタグが選択できます。

タグをサイトに表示する

WordPress,タグ,カテゴリー
管理画面の左側メニュー「外観」からウィジェットに進みます。

設定したタグの一覧は、ウィジェットでサイトの任意の場所に表示させることができます。

「タグクラウド」をサイドバーやフッターエリアに追加しましょう。

タグが一覧表示され、各タグが設定された記事一覧画面への導線になります。それを辿って、読者に記事を移動してもらえるようにしましょう。

タグの設定数の目安は?

一般的には3つ程度と言われています。

あくまで目安であって、場合によって5個以上でも、逆に1つだけでも問題はありません。記事で選んでいるキーワードや内容によって、適切かつ効果的に設定する意識が大切です。

それが結果的にユーザビリティを高め、サイトの価値を上げることに繋がっていきます。

お名前
メールアドレス





WordPress,タグ,カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。