WordPress リンク切れ管理でサイト運営を強化〜Broken Link Checkerの使い方

WordPress リンク切れ管理でサイト運営を強化〜Broken Link Checkerの使い方

記事にはさまざまなリンクを貼りますよね。外部サイトの記事を参考リンクとして貼ったり、動画リンクを貼ったり。しかしながら、記事数が増えるにつれ、リンクを把握しておくことは不可能となっていきます。

今回ご紹介するBroken Link Checkerを導入することで、サイト内のリンク全てを管理することができます。デッドリンクになったものに対し、即座に修正や削除の対応が取れるため、ユーザビリティ、SEOの両側面からの強化を図ることができます。

ポイントを押さえて、使い方を解説してきます。

動画解説

Aya
こちらの動画でも解説しています。ぜひ一度ご覧ください。

Broken Link Checkerの使い方

Broken Link Checkerは、サイト内のリンクを監視し、リンク切れになったものを知らせてくれるプラグインです。リンク先のサイトが閉鎖されたり、動画が削除になったりと、リンクが切れることは常に起こり得ます。それらを自動で検知してくれるということですね。

この記事はBroken Link Checkerをインストールして有効化させた状態から、使い方の手順を説明していきます。

プラグインのインストール方法は、こちらの記事をご参考にどうぞ。

Wordpressプラグインのインストール方法と使い方【簡単】

2016.07.16

リンク切れをチェックする方法

サイト管理者がリンクエラーを知る方法は、3通りあります。

1.ダッシュボード

Broken Link Checker,使い方

まず管理画面のトップページにあたるダッシュボードに、お知らせが表示されます。

必ずといっていいくらい表示させるページなので、気づきやすいレイアウトにしておくといいでしょう。

2.左側のメニュー

Broken Link Checker,使い方

左側メニュー「ツール」からリンクエラーをチェックで確認できます。件数のバッジ表示がわかりやすいですね。

3.メール通知

メールアドレスを登録しておくと、リンクエラーを検知した時などにメールで確認することもできます。毎日のようにログインしないサイトの場合は、有効な対策方法といえるでしょう。

リンク切れを修正するには

Broken Link Checker,使い方

リンク切れを知らせるリンク(紛らわしいですね笑)から、リンクエラーの一覧ページに移動することができます。上に挙げた今回の1件は、YouTube動画が削除されたことによるものでした。

YouTubeでは、テレビ番組の違法アップロードなどの削除に限らず、企業がアップロードした正規動画も、自主的な公開終了や削除が頻繁に行われています。こちらから記事の編集ページに移動し、動画リンクを削除しておきましょう。

YouTube1万回の収益化審査 広告条件改定は歓迎すべき〜利用者の声は?

2017.04.07

Youtubeの広告撤退からスライドショーやコピー動画の「稼ぎ」の在り方を考える

2017.03.22

設定方法も簡単

Broken Link Checker,使い方

設定項目は多岐にわたりますが、押さえておきたいところはそう多くはありません。

  1. リンクエラーをチェックするサイクル
  2. メールで通知するか
  3. リンクエラーをnofollowにするか

こちらの3点で十分です。毎日のようにログインするなら②は不要ですし、外部リンクをnofollow化させるプラグイン「External Links」などを導入している場合は、③も必要なくなります。

①のチェックサイクルは、24〜48時間くらいで設定しておけば十分でしょう。

あとは、「リンクチェック対象」「リンク種類チェック対象」のタブに移動し、目的にあった対象を決めておくだけでOKです。

リンク切れ放置は評価を落とす原因に

リンク切れをそのままにしておくと、検索エンジンのサイト評価にマイナスな影響がでてきます。そして何より、記事に訪問してくれた方のガッカリに繋がります。

案内されてクリックした先のページが削除されていたり、「この動画は削除されました」の表示のYouTube動画が残っていると印象も悪いですよね。デメリットしかありません。

リンク切れが早めに対処できるよう、必ず導入しておくことをおすすめします。

お名前
メールアドレス





WordPress リンク切れ管理でサイト運営を強化〜Broken Link Checkerの使い方

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。