EWWW Image Optimizer – 自動リサイズでページを軽量化

EWWW Image Optimizer,自動リサイズ

記事の価値を高めるためにも、画像はとても大きな存在です。文字だけの記事よりも、図解の説明やイメージ画像がある方が何倍もわかりやすく、説得力を持った内容にすることができます。

しかしその一方で、画像が多くなるとページが重くなるため、表示されるまで時間がかかったり、表示されないという原因になるのも事実。

そのページの重さを解消してくれるのが、EWWW Image Optimizer です。

EWWW Image Optimizerのメリット

冒頭にも書いた通り、画像はメリットとデメリットの両面から対策する必要があります。EWWW Image Optimizerを導入することによって、ほぼほぼデメリットから開放されると言えます。

①アップロードした画像を自動で圧縮してくれる
②過去にアップロードした画像も一括で圧縮できる

これからアップロードする画像を自動圧縮してくれるのはもちろん、既にアップロードしてある画像まで一括圧縮してくれるのがありがたいですね。

EWWW Image Optimizerの使い方

この記事はEWWW Image Optimizerをインストールして有効化させた状態から、使い方の手順を説明していきます。

プラグインのインストール方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

EWWW Image Optimizerの設定

EWWW Image Optimizer,自動,リサイズ

管理画面の左側メニューから、EWWW Image Optimizerの設定画面を開きます。

・Basic Settings
・Advanced Settings
・Conversion Settings

3つのタブから詳細の設定が出来ますが、EWWW Image Optimizerはあらかじめ設定が最適化されているため、デフォルトのままでOKです。

画像の圧縮比などを細かくカスタマイズしたい以外、そのまま使いましょう。

プラグインを有効化させるだけで、これからアップロードする画像は自動的に圧縮されます。

アップロード済みの画像の圧縮方法

既にアップロードしてある画像も一括で圧縮が可能です。

EWWW Image Optimizer,自動,リサイズ

左側メニュー「メディア」 からBulk Optimizeをクリックします。

画像を自動検索し一括圧縮

EWWW Image Optimizer,自動,リサイズ

「Optimize Media Library」からStart optimizeをクリックします。

EWWW Image Optimizer導入前の圧縮可能な画像を自動で検索し、圧縮してくれます。

一括圧縮が完了

EWWW Image Optimizer,自動,リサイズ

待機時間は、画像サイズや数によって、数秒から数十秒です。作業が終わると、結果が一覧表示されます。今回は100〜200KBほど圧縮されました。「たったそれだけか」と思われるかもしれませんが、「ちりも積もれば山となる」あなどれないですよ。

 
ページの表示速度が速いことは、訪問者にとってもSEOの観点でもサイト評価を高める大切な要素です。

高価なサーバーを借りることやキャッシュの操作、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)のCloudFlareなど、ページの軽量化させるためには、いろいろな方法があります。その中でもコンテンツそのものを軽量化させるのは基本中の基本であって、画像圧縮は必須次項です。

自動で劣化の少ない圧縮をしてくれるEWWW Image Optimizerは、必ず入れておきたいプラグインの一つですね。

お名前
メールアドレス





EWWW Image Optimizer,自動リサイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。