エックスサーバー キャンペーンドメインを設定しよう!無料って嬉しい

エックスサーバー,キャンペーンドメイン

転送速度、安定性、サポート体制と、どれをとっても業界最高水準なエックスサーバー。それは誰もが認めるところであり、僕も複数利用させていただいています。

今回は不定期で行われているドメインプレゼントキャンペーンの対象になった場合の、ドメイン取得方法についてご説明します。

ドメインプレゼントキャンペーンとは

エックスサーバーの新規申込で独自ドメインを1つプレゼントしますよ!というキャンペーンです。独自ドメインは【.com/.net/.org/.biz/.info】のいずれか1つ選ぶことができます。対象サーバーの契約中であれば取得したドメインの更新が無料になるので、サーバー費用だけで独自ドメインのサイトを1つ運営できることになります。

キャンペーン期間中であればエックスサーバーのトップページにバナーが表示されているはずなので、確実にチェックしましょう。

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

キャンペーンドメインの取得方法

それではキャンペーンドメインを申請して取得していきます。

取得できるようになるのは、サーバーの初回費用の支払いが完了してからです。まずは支払いを済ませてから、落ち着いて手続きをはじめましょう。

エックスサーバーにログインしインフォパネルへ移動

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

左下「各種お申し込み」から、☆キャンペーンドメインをクリックします。

キャンペーンドメイン申請フォーム

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

項目の選択と、希望するドメインの入力を行います。

①対象サーバーID:自身のものが表示されているかを確認(多くの場合選択不要)
②独自ドメイン:希望するドメインを入力
③適用方法:新規取得を選択

ドメイン検索をクリックします。

キャンペーンドメイン申請の最終確認

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

注意書きにあるように、申請後のキャンセルやドメイン名の変更はできません。英語のスペルミスなんかがあると、後悔してもし切れないですよね。きちんと確認して、納得のいったドメインを決めていきましょう。

キャンペーンドメイン申請をクリックします。

キャンペーンドメイン取得完了

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

以上でキャンペーンドメインの申請、取得は完了です。とても簡単ですね。

繰り返しになりますが、対象サーバーの契約が続く限りドメインの更新も無料です。

取得したドメインの確認

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

最後に、取得したドメインの情報を確認してみましょう。

再びインフォパネルのトップページに戻り、画面中央の「ご契約一覧」からドメインタブを選択します。

先ほど取得したドメインであることを確認し、ドメインパネルをクリックします。

レジストラロックとは

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

レジストラロックとは、ドメインを何者かが不正に移管することを防止するために、エックスサーバ側でロックをしている状態を指します。初期設定でレジストラロック「ON」になっているので、そのままでOKです。

ドメインをエックスサーバから他のサーバに移管することになった場合、OFFにして作業してください。

Whois情報の確認

エックスサーバー ドメイン キャンペーン

Whois情報をクリックすると、エックスサーバーが情報の公開代行をしてくれているのがわかります。

インターネットで使用するIPアドレスやドメインは登録者が決められていて、その登録者は一定の情報を公開する義務を負います。この登録者情報を照会するサービスがWHOISと呼ばれる機関で、Whois情報とはその登録者情報のことです。

エックスサーバーがWhois情報の公開代行をしてくれているおかげで、個人情報を公開する必要がないということですね。

ちなみに僕の個人ブログのjpドメインは、Whois情報を自分で公開しています。

whois情報 個人情報

目的や用途によって、使い分けるといいと思いますよ。

以上、キャンペーンドメインの取得方法でした。この後の取り扱いは通常のドメインと変わりません。ワードプレスをインストールして、サイトを構築していきましょう。

(エックスサーバーさん、大阪グランフロントに入居されてるんですねー)

お名前
メールアドレス





エックスサーバー,キャンペーンドメイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT運営者情報

北海道出身、東京都在住。幼少期から音楽に触れ、ビジュアル系バンドでの活動を経て作曲家へ。その後、大手IT金融グループ社員を経て独立。現在はアフィリエイトやネットマーケティングのコンサルティングを通じて、研鑽の日々を送っています。